読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地蔵鉱山株式会社

地蔵鉱山株式会社公式ブログ。鉱山稼動に向けて、複数の担当者が日々の活動を発信します。

鉱石のX線解析

皆様こんにちは

 

地蔵鉱山株式会社です。

 

 

皆様は健康診断などで

X線で体をスキャンしたことがあるでしょうか?

 

実は、鉱石の分析にもX線スキャンを用います。

こんな機械を使ったりします。

f:id:jizonagano:20170313154458j:plain

X線分析機】

 

 

 

 

たとえば、

鉱脈付近で拾ってきた鉱石をスキャンすると

 

f:id:jizonagano:20170313154509j:plain

 

成分元素によって跳ね返ってくる光の波長が微妙に違うので、

どの元素がどの程度含まれているのか判定してくれます。

 

f:id:jizonagano:20170313154521j:plain

 

とてもざっくりした数字で、

ごく一部の表面しか測定できません。

 

時には10倍以上の過剰な数値がでることもあります。

 

なんとこの鉱石は

Au(金)が 117ppm ...!!

 

一般的な鉱山では 10ppm が優良な値です。

 

 

 

他の鉱石で測定してみると

f:id:jizonagano:20170313154636j:plain

 

こちらは54ppm

これでも十分多いです。

 

f:id:jizonagano:20170313154620j:plain

 

 

地蔵鉱山は高品質な金鉱山で、金の含有量はとても高いです。

 

もちろん、

正確な値を測定するにはさらに別の測定方法を用いる必要があります。

 

 

本日の記事は以上です。

そろそろ春が近づいてきましたね。

 

今年度から地蔵鉱山から金を産出されると思うととても楽しみです。

 

 

 

 

鉱石分析サンプル作成

2017/01/24

地蔵鉱山株式会社ブログ初投稿

 

皆様こんにちは。

 

地蔵鉱山株式会社ブログ編集部です。

 

 

f:id:jizonagano:20170111100831p:plain

 

「最初の記事はインパクトのあるものを」

 

ということであれこれ悩んだ結果..

 

鉱石分析担当から鉱石の写真を初投稿致します。

 

 

 

 

本日は分析サンプル作成のため、

朝から手作業で山砂から金を回収しています。

 

1時間程度の手作業で10倍以上の密度になります。

 

 

f:id:jizonagano:20170124160832j:plain

 

金の回収といっても難しいことではなく、

 

粘土を水で洗い流すのです。

 

 

山の鉱脈の土は、約60%が金を含まない軽い粘土なので、あっさり終わります。

 

 

 

特に今回は必要なサンプル量が少なかったので、

 

500ml ペットボトルを用いています。

 

f:id:jizonagano:20170124161349j:plain

 

 

比較的軽い砂を捨て続けること1時間..

 

水と砂は解析のために回収し、

 

比較的重たい部分だけを 約  0.62g  残しました。

 

こちらです。

 

 

 

いくらかキラキラした部分が目立つようになりましたが、見た目はほとんどただの砂です。

 
写真のキラキラした成分は、金の他に黄銅鉱などもいくらか混ざっています。
 
 
この後は炉で1200℃で加熱して金を溶かして純度を90%くらいまで上げるのですが、
本日のサンプル作成はここまでです。
 
 
 
500ml程度の処理でしたが数時間費やしました。
 
 

アフリカやアジアではこうした工程を、

毎日、

大規模に、

しかも手作業でしていると聞いています。

 

 
金の価値が高いとされているのは、
 
こうした労力が必要だという認識を
 
多くの人が共有していたからなのかもしれませんね。
 
本日の投稿はここまでです。
ご拝読ありがとうございました。
 

 

 

f:id:jizonagano:20170124165836j:plain

 

【公式】 地蔵鉱山ははてなブログを始めました。

 

 

 
 

読者の皆様

 

はじめまして。

地蔵鉱山株式会社です。

 

私たちは

長野県小谷村にある地蔵鉱山という採掘現場と

東京都台東区東上野にある東京オフィスにて、

日本国内での金鉱山会社のイメージをお伝えする記事を作成しております。

 

 

地蔵鉱山とは・・・

 

地蔵鉱山は、長野県北安曇郡小谷村にある露天掘りの金鉱山です。

 

この地域は日本の地殻を東西に二分する糸魚川静岡構造線フォッサマグナでも有名な場所で、北陸新幹線糸魚川駅」より東南方向20キロの地点に地蔵鉱山の採掘所はあります。

地蔵鉱山の推定金埋蔵量は約49.5トン、1トン当たりの金含有量平均は、約30gと高品位な金鉱山です。

 

約10年前より探鉱調査を行った結果、良質な金鉱脈が存在する事を確認、2013年に鉱業権(採掘権)、2014年に施業案の許可を受け、本格的な事業展開を進めています。

                                                                          地蔵鉱山HPより転載

f:id:jizonagano:20170111093909p:plain

google map でも採掘現場が確認できます。

 

長野県小谷村(おたりむら) 東にある 「跡杉山」

頂上からみて北北東に白くみえる小さな場所を拡大してゆくと

 

f:id:jizonagano:20170111094606p:plain

 

こちらが採掘現場です。(冬の間は雪で真っ白です)

 

 

f:id:jizonagano:20170111100831p:plain

 この鉱山からは2度金の精錬を行っており、大阪造幣局の認印を押していただいております。

 

www.jizo.nagano.jp

 

地蔵鉱山株式会社は本格的な金の製造を視野に入れた事業を行って参ります。

私たちは現代の日本にとっても世界にとって、金の産出は非常に大きな意味を持つと考えており、

地蔵鉱山株式会社として情報発信をしてゆくことを決定しました。

 

行政・民間企業様、海外の方々とも協業した発展を視野に入れております。

平素より皆様からの暖かい支援に感謝しております。

誰にとっても良い仕事となるよう今後とも尽力してまいります。